<新型コロナワクチン>有効期限の取扱い(延長)について

新型コロナワクチンの有効期限の延長について

 新型コロナワクチンは、貴重なワクチンであり、これを無駄にせず、有効に活用する観点から、国の方針に基づき、有効期限について以下の取扱いをしております。

ファイザー社ワクチン(12歳以上用)について

 ファイザー社ワクチン(12歳以上用)は、令和3年(2021年)9月10日に、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間が「6か月」から「9か月」に延長されました。

 一方で、有効期限が令和4年(2022年)2月28日以前となっているワクチンは、有効期間が6か月という前提で有効期限の印字がされています。

 このようなワクチンについては、有効期間が9か月まであるワクチンとして取り扱って差し支えないこととされました。

武田/モデルナ社ワクチンについて

 武田/モデルナ社ワクチンは、-15℃~-25℃で保存する場合の有効期間が、 令和3年(2021年)7月16日には「6か月」から「7か月」に延長され、同年11月12日には「7か月」から「9か月」に延長されました。

  一方で、有効期限が令和4年(2022年)3月1日以前となっているワクチンは、ロットNo.3004733のワクチンを除き、有効期間が6か月であるという前提で有効期限の印字がされています。また、ロットNo3004733、000048A及び000049Aのワクチンは、有効期間は7か月であるという前提で有効期限の印字がされています。

  このようなワクチンについては、有効期間が9か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととされました。

本件に関する詳細資料(厚生労働省ホームページより)

この記事に関するお問い合わせ先

こども・保健課 健康増進係
〒842-0104 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町三津775番地 東脊振健康福祉センターきらら館

電話番号:0952-51-1618
ファックス:0952-52-8621
メールフォームによるお問い合わせ