空家対策の取り組み

吉野ヶ里町の空家対策について

 近年、人口の減少や高齢化、新築中心の住宅市場における需給のミスマッチ等の社会背景に伴って空家が増加し、全国的な社会問題となっています。こうした空家が適切に管理されないまま放置されると、防災性の低下、ごみの不法投棄、景観の悪化等のさまざまな問題を引き起こし、周辺の住環境に悪影響を及ぼす可能性があります。

 このような状況の中、地域環境の保全を図り、空家の倒壊や不法侵入等の犯罪等を未然に防止し、町民の安全・安心な暮らしの実現に寄与するため、本町では「吉野ヶ里町空家等の適切な管理に関する条例」を定め、適切な管理を促しています。

 平成27年5月に施行された「空家等対策の推進に関する特別措置法」と吉野ヶ里町空家等の適切な管理に関する条例第10条の規定に基づき、空家等に関する対策を総合的、計画的に実施するため、本町が取り組むべき対策の方向性等について示す「吉野ヶ里町空家等対策計画」を平成31年3月に策定しました。

 この計画に基づいて、空家等の適切な管理の促進、保安上危険な状態であったり、著しく不衛生である等周辺への悪影響が甚だしい空家等(=特定空家等)に対する措置をはじめ、空家及びその跡地の活用促進など、空家に関するさまざまな取り組みを推進していきます。

吉野ヶ里町空家バンク制度について

 空家バンクとは、町内にある空家の売却・賃貸を希望する所有者に物件の情報を登録していただき、空家を購入・賃借したいと考える利用希望者に対し、その情報を発信する制度です。

 詳細は下記ページをご覧ください。

空家バンク登録者・利用者向け補助金

 空家バンクを通して空家を売買・賃貸借する方に向けて空家の管理費や購入費、改修費などを助成し、空家の減少や定住の促進につなげるため、「吉野ヶ里町空家流通促進事業補助金」を設けています。

 詳細は下記ページをご覧ください。

空家バンク制度に関する協定

 吉野ヶ里町では、空家バンク制度を通じて町内への定住促進による地域の活性化を図るため、公益社団法人佐賀県宅地建物取引業協会と、相互に連携・協力するための協定を結んでいます。

吉野ヶ里町空家等対策協議会

 「空家等対策の推進に関する特別措置法」に基づいた空家等対策を実施していくため、平成30年度から「吉野ヶ里町空家等対策協議会」を設立しました。

設置の目的

 空家等対策計画の策定及び変更並びに実施に関する協議を行うことを目的とする。

組織

  1. 委員15人以内で組織する。
  2. 地域住民、町議会議員、法務、不動産、建築、福祉、文化等に関する学識経験者等、空家等対策の推進に関する特別措置法第7条第2項に規定する者のうちから町長が委嘱する。

開催状況

 

平成30年度
回数 開催日時 開催内容
第1回 平成30年6月15日(金曜) 次第(PDF:142KB)
第2回 平成30年9月21日(金曜) 次第(PDF:132.8KB)
第3回 平成30年11月22日(木曜) 次第(PDF:137.7KB)
第4回 平成31年2月21日(木曜) 次第(PDF:92.8KB)

 

令和元年度
回数 開催日時 開催内容
第5回 令和元年11月15日(金曜) 次第(PDF:88.2KB)

この記事に関するお問い合わせ先

まち未来課 まちづくり推進係
〒842-8501 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田321番地2

電話番号:0952-37-0332
ファックス:0952-52-6189
メールフォームによるお問い合わせ